キャッシング総量規制

気軽に借りる前に注意を

キャッシングはコマーシャルや街中にある広告などで市民権を得ている、至って普通のもののように思われています。確かにどうしてもお金が必要な時に頼れる人が少ないということもあるでしょうから、なかなか一概には言えませんが、名前を変えても借金は借金だということを忘れてはいけません。
今回はそんなキャッシングをすることについてのデメリットをまとめて行こうと思います。これを読んで、万が一必要にそこまで迫られていないのに軽い気持ちでキャッシングをやろうとしている人がいたら思いとどまってもらえれば良いと思います。
まず、実際借り入れの時に周囲にしられずに使えるのでしょうか。各社ともに周囲にしられないことをメリットとして売り出していますが、どうしても会社への在籍確認でそれとなく気づかれてしまいます。しかも何社もやるとなると短期間で在籍確認が何度も入ることになりますので、余計に気どられやすいです。そうなると会社でのポジションに影響がでかねません。

気軽さが癖になってしまう

もう一つキャッシングはデメリットがあります。あまりに簡単に現金を手にできてしまうので、金銭感覚が麻痺してしまい、借り入れの限度額が自分の貯金かのように錯覚してしまう危険性があります。
今の時代のキャッシングは審査こそもちろんあるものの、早いところでは申し込んだその日のうちにお金を借り入れることが可能です。またカードローン形式でなくとも、大抵のクレジットカードにはキャッシング枠が付加されていますので、手近なATMから簡単にお金をキャッシングできてしまいます。
返済の時こそそうした自分の行いを後悔するかもしれませんが、返済を一旦終えてしまうと簡単に借り入れができたことだけが頭に残ってしまい大きな問題だと自分で思えなくなるのです。
インターネットでの申し込みなど門戸が広いので、一社ダメでもすぐに次にチャレンジできますし、自分個人で歯止めが効かせにくいものなのです。周囲に話さずにやるのが普通というのも問題を大きくする要因です。