キャッシング総量規制

絶対にするべきこと

どうしても必要な時には、キャッシングを利用するのもありです。
しかし、頻繁に利用すると、月々の返済額も多くなってしまう為、使うのはいざという時のみにしなければいけません。

キャッシングの返済方法は様々ですが、毎月1回は返済しなければいけません。
お金のトラブルというのはいつ襲ってくるかわからないもので、だからこそキャッシングは頼りになる存在です。
しかし、返済中でも同じように、いつトラブルがあるかはわかりません。
どうしても返済日にお金を用意できないというとき、返済方法を考えるのはもちろんですが、それ以前に必ずしなければならないことがあります。

それは返済先への連絡です。
返済が間に合いそうもないという連絡はできればしたくはないものです。
だからといって、連絡もせずに返済を遅らせてしまうと、信用がなくなってしまいます。
数日遅れで返済できそうな、それ程深刻ではない事態であれ、必ず事前に一言連絡はしておくべきです。

やってはいけないこと

キャッシングの返済方法を考えるにあたって、もしただの返済日の忘れであれば、改めて返済手続きを取れば済む話です。
キャッシングの返済方法は様々なので、店頭へ持っていくのはもちろん、インターネットバンキングや提携ATM、コンビニなど、都合のよい返済方法で支払いができます。

もしもお金のトラブルがあって、返済ができない場合には、リサイクルショップへ行って私財を整理したり、何かしらの金策をしなければいけません。

ただし、金策の中でこれだけはしない方がいいということもあります。
それが他社のキャッシングから借入れしての返済です。
他社でも借入れをしてしまうと、その場は簡単にしのげても、翌月以降の返済が多くなってしまいます。
返済を他社からの借入れで行ってしまうと、後々自分で自分の首を絞めることになります。

もしそこまでしないと返済が大変な状況なら、他社から借り入れるのではなく、返済方法の見直しを相談してみましょう。
相談すれば、毎月の返済額を減らすなどの柔軟な対応に応じてくれます。