キャッシング総量規制

便利なキャッシング

キャッシングの利用者は意外と多いです。
普通キャッシングをしていることを人には知られないようにするものなので、身近に利用している人はいないと思っている人は多いはずです。
しかし、街の至る所に店舗や無人契約機があり、雑誌の広告なども頻繁に目にすることから考えると、やはり利用者は多いと考えなければつじつまが合いません。

何故利用者が多いかというと、それだけお金に困っている人も多いですが、利用のしやすさが大きな理由です。
保証人や担保が必要ないので、自分一人で申込みができます。
また、今は即日融資に対応していたり、インターネットから申込みができたりと、申込みも融資までの時間も改善されていて、より気軽に利用できるようになっています。

以前のような20%を超える金利は法改正で撤廃され、少額のキャッシングでも低金利で利用できるようになりました。
取り立ての方法についても厳しく規制され、威圧的な取り立てはもちろんのこと、第三者に知られるような行為自体も行えなくなり、安心して利用できるようになりました。

一方でデメリットもあります

便利なキャッシングですが、便利であるからこそ、安易に頼ってしまいがちになるというデメリットもあります。
一度便利さを実感してしまうと、あまり困っていない時でも安易にキャッシングに走ってしまいがちになるというのは、実は大きなデメリットです。

借入れをすれば当然返済があります。
少額のキャッシングなら、返済もデメリットと言えるような額ではありません。
しかし、少額であっても、何度も繰り返せばあっという間に返済額は膨れ上がります。
金利分を返済するだけで精一杯というような状態になるまで利用することは絶対に避けなければ大変なことになります。

金利の話に関係しますが、審査が以前よりも厳しくなったというのも見過ごせないデメリットです。
金利が安くなるということは、返済能力がきちんとある人にしか貸し出しを行えないということでもあります。
法改正もあり、年収の1/3を超える金額の場合はキャッシングを利用できなくなりました。

とはいえ、審査が厳しいというデメリットは、返済する能力がない人が借入れできなくなるということで、かえって安全と言える面もあります。