キャッシング総量規制

利率が高いというデメリット

お金を借りるというと、色々と煩わしい手続きというのがありますが、そういったものを極力排除したのが、消費者金融のカードローンです。
最初に申し込みさえすれば、あとは利用限度額の範囲内であれば何度でもお金を引き出すことが出来ます。
そんな利点が多いように思えるものですが、もちろんデメリットもあります。
最初のデメリットは利率の問題です。
消費者金融のキャッシングとは言えど、慈善事業ではありません。
お金を貸すことによって、自らは利益を得ようとします。
だからといって、一般企業である限り利益追求は責務であり、決して否定するものではありません。
とはいえ、利用者からするとその高い利率はデメリットとなりかねません。
特に、そのデメリットの影響をもろに受けそうなのが、利用限度額の低い人です。
利用限度額の低い人はおのずと適用される利率も高くなってしまいます。
同じ金額を借りた人でも、利率が低い人と比べると、支払う利息の額は多くなるのです。

総量規制の対象となっている

キャッシングのデメリットはこれだけではありません。
総量規制の問題もあります。
総量規制というのは何かというと、簡単に言えば、年収の3分の1を越えた借入はできないということです。
つまり、年収が900万円の人であれば、どんなに頑張っても300万円以上のお金を借りることはできないということです。
消費者金融のキャッシングは、残念なことにこの総量規制の対象となってしまいます。
一方、銀行が提供する各種ローンは、総量規制の対象外となっております。
銀行にも、消費者金融のキャッシングと似た商品があるのですが、そちらのほうも総量規制の対象外ということになっております。
銀行というのは、えてして利率が低いので、あまり多重債務に陥る危険性が少ないというのがその理由です。
だからといって、消費者金融の商品が全て総量規制の対象というわけではありません。
消費者金融が提供しているおまとめローン、これは総量規制の対象外となっているのです。